rolan 科学機器専門商社の株式会社ローラン

rolan

超低温フリーザー

超低温フリーザー

・-150℃/-152℃の世界
 細胞や組織を超低温環境で保存するためには、細胞内外で微細氷結晶の動きを制御できるかどうかがポイントです。凍害防止剤を添加し、ある一定の温度以下で保存すると、微細氷結晶の成長を止めてガラス化(Vitrification)できます。純水は-130℃が再結晶点であり、最近の研究ではDMSOや他の凍害防止剤との混合溶液中では、-115℃付近と確認されています。再結晶点よりもはるかに低い-150℃/-152℃超低温フリーザーで保存された試料は、微細氷結晶の成長を防ぎ、長期保存が可能になります。
・-150℃/-152℃フリーザーのメリット
 貴重試料の長期保存として主流だった液体窒素保存法。しかし、つねに液管理の手間や補充の危険がつきまとい、また液相保存の場合には液中に細胞が漏れ、マイコプラズマによる汚染が拡大する懸念から、近年は気相保存が増えてきました。液体窒素の気相保存では、保存温度が-130℃〜-150℃になり、-150℃/-152℃超低温フリーザーの庫内温度より上回ってしまいます。フリーザー保存では、試料汚染の心配が少なく、ランニングコストも低減でき、再結晶点を大幅に下回る超低温域での長期保存が可能になります。
・温度変化が少ない安定した庫内環境
 チェストタイプの特長は、扉開閉時の冷気漏れが少なく、長期保存にふさわしい安定した庫内温度環境が得られる点です。長期にわたって保存する必要のある株細胞・DNA・血液・骨髄細胞などを、高い信頼性と温度精度によって、質の高い超低温保存環境を創出します。
・用途に合わせて選べる超低温度域
 凍結保存の分野で最も汎用性の高い温度域である-85℃、再結晶点を超える-135℃、液体窒素の温度域に迫る-150℃/-152℃と、用途に適した超低温域が選択できます。超低温室での大量一括保存から研究室ごとのパーソナルユースまで、用途にマッチする1台がワイドなラインアップの中から選べます。
・超低温保存の限界に挑んだ
 主な特長
  ・-152℃の冷却性能(周囲温度30℃のとき)、内容量128L
  ・機械式フリーザーの限界を極めた-152℃の到達温度
  ・液体窒素保存によるコンタミネーションの無い-152℃保存
  ・自動補助冷却装置(LCO2用)、記録計付

メーカー
PHC株式会社
カテゴリ
  • 理化学機器
  • 恒温器・恒温槽
ローランおすすめポイント

当社代理店製品です。ご選定の際に、目的に応じた機器の選定やアプリケーション情報をご紹介させていただきます。

この商品に関するお問い合わせ

CONTACT