rolan 科学機器専門商社の株式会社ローラン

rolan

動的粘弾性自動測定器 DDV-GPシリーズ(レオバイブロン)

動的粘弾性自動測定器 DDV-GPシリーズ(レオバイブロン)

レオバイブロン動的粘弾性自動測定器DDV-GPシリーズは、非共振強制振動法の動的粘弾性測定装置です。
粘弾性の代表的な特性である温度分散(-150℃~+400℃)、周波数分散(0.01~110Hz)、ひずみ分散などを広範囲な測定レンジにて自動測定し、その卓越した性能と機能性から、多くのレオロジストにご愛用いただいております。
レオバイブロン動的粘弾性自動測定器DDV-GPシリーズは、プラスチックの動的機械特性の試験方法である下記に適合した試験装置です。
・JIS K7244-1(ISO 6721-1)通則
・JIS K7244-4(ISO 6721-4)引張振動
・JIS K7244-5(ISO 6721-5)曲げ振動
・JIS K7244-6(ISO 6721-6)せん断振動

メーカー
株式会社エー・アンド・デイ
カテゴリ
  • 物理量・物性・工業量計測機器
製品の特長

高分子材料の機械的物性は、動的粘弾性を抜きには考えられません。そして動的粘弾性のデータは材料の特性について多くを語ります。
レオバイブロンは、高分子材料の開発と品質管理に役立つ1台です。
・プラスチック、ゴム、複合材料など高分子材料の動的粘弾性測定に
 ・ガラス転移点の決定
 ・周波数の広範囲にわたるE´、E”の合成曲線および換算係数の方法による緩和スペクトル
 ・結晶化、再結晶化、結晶変態、部分相溶のように昇温過程に起こる現象の検出
 ・分散特性による結晶化状態の特性づけ など
・試料の形状および弾性率に合わせて、引張法、せん断法、3点曲げ法が活用可能
・フィルム状、ファイバ状、塗膜試料に最適な微小荷重システムDDV-01GP
・シート状、プレート状、棒状試料用に最適な高荷重システムDDV-25GP
・各種治具を用いた測定法の選択により、広範囲の弾性率測定が可能
・高剛性横型構造が信頼性の高い測定を実現、しかも冷風・熱風循環方式による高低温槽は高度な温度性能を実現
・定振幅制御と定荷重振幅制御の自動切り替え機能を装備
・測定周波数は0.01~110Hz間を137ステップ
・加振モードは単一周波数、複数周波数、周波数スイープから選択が可能
・プリテンションによる最適試験条件の設定が可能
・振幅モニタ機能により、測定状態をリアルモニタ
・豊富な粘弾性測定機能と充実したデータ処理、データベース機能を搭載

ローランおすすめポイント

当社代理店製品です。ご選定の際に、目的に応じた機器の選定やアプリケーション情報をご紹介させていただきます。

この商品に関するお問い合わせ

CONTACT