rolan 科学機器専門商社の株式会社ローラン

rolan

超遠心機 himac CP-NXシリーズ

超遠心機 himac CP-NXシリーズ

〇クラス最高速100,000rpm、クラス最大遠心加速度803,000Xg
 従来機CP-WXシリーズから受け継ぐ基本性能はそのままに、デザインをブラッシュアップ、操作画面を一新して新たな機能をプラス。
 信頼の10年保証駆動部で最高回転速度100,000rpm(CP100NX、P100AT2ローター)まで5分で加速します(最大加速設定時)
 ※2018年10月現在当社調べによる。CP100NXにおいて。
〇LEDインジケータ
 テーブル前面に設けた幅47cmのインジケータにより、離れていても運転状況(停止、加速、整定、減速、真空待機、省エネ移行時、ゾーナル回転速度までの加速、ゾーナル回転速度からの減速、アラーム発生の9パターン)を一目で確認できます。
 発光色(7色+消灯の8種類)、明るさ(3段階)、発光パターン(点灯、速い点滅、遅い点滅、フェードの4パターン)を設定できます。
 ※LEDインジケータの発光色はPCモニタ表示画面と実際の色が異なる場合があります。
〇ユーザ支援ソフト(プログラム)「himac ASSIST」標準装備
 「himac ASSIST」は、初心者からエキスパートまで幅広いユーザにご利用いただけるよう、遠心機を運転するときに必要な各種計算と遠心分離シミュレーションを集めたユーザ支援プログラムです。遠心分離前に遠心条件が適当かどうかの判定や、遠心条件が不明な物質についての最適な遠心条件を計算することができます。付属CDからお手持ちのパソコン(Windows7、またはWindows8)にインストールして使います。
〇運転履歴記録機能がパワーアップ
 最大5,120ログが自動記録され、使用者/ローター別にUSBメモリへの出力(CSV形式)が可能です。
〇運転履歴から運転条件を再利用可能(特許)
 過去の運転履歴中から選んで、必要なときに再利用して運転できます。himac だけの特別な機能です。
 ※2018年10月現在当社調べによる
〇ユーザロックアウト機能標準装備
 遠心機の使用者(ユーザ)を3段階のアクセスレベル(Administrator、Super user、User)で登録し、アクセスレベルにより操作機能を制限します。ユーザは50人まで登録できます。登録されたユーザは、使用する際に暗証番号によるログインが必要となります。
 ※従来機種ではオプションで、アクセスレベルはAdministrator、Userの2段階
〇USBおよびLANポート標準
 インターフェイスとしてUSB×1(ホスト)、USB×1(デバイス)、LAN×1を標準装備しています。 USB×1(ホスト)にUSBメモリを接続して、運転履歴をCSV形式(表計算ソフトに使用できる汎用的なデータファイル形式)で出力できます。
〇電子カタログがパワーアップ
 従来のローターカタログに加えて、チューブ・キャップ・アダプタのカタログを閲覧できるようになりました。チューブ・キャップ・アダプタは、注文用のパーツNO.も表示しています。
〇カラー液晶タッチパネル
 黒を基調とした視認性の高いデザイン。直感操作のわかりやすいアイコンメニューを採用しています。
〇プログラム運転のメモリは、1,000通り
 1,000通りのメモリと、各メモリに30通りのステップ条件が登録できます。
 ※従来機種では20通りのメモリと9通りのステップ条件
〇プログラムリストをわかりやすい色別アイコン化
 1,000通りのプログラム運転メモリは、フォルダを模したアイコンを利用して登録します。アイコンは使いやすいユニバーサルデザインを取り入れ、アイコンの色は4色から選択、さらにキャラクター(青:さかな、赤:サクランボ、黄:オレンジ、緑:木)が記憶を助けます。
〇より静かな運転音
 整定中の運転音51dB(A)
 ※従来機種より-2dB(A)低減。2014年1月当社測定条件による
〇真空待ち時間短縮
 従来機種よりも高真空到達時間を約5分短縮
 ※2018年10月当社調べによる
〇使いやすさ
〇従来機からの継承技術
〇サンプルのバランスは目分量でOK
 サンプル(試料)のバランス取りは目分量(液面差5mm以内)で十分です。
 ※一部のローターでは、液面差5mm以内でもインバランスとなる場合があります。詳しくは、ローターの取扱説明書をよくお読みください。
〇高性能インバランスセンサーによる全回転域常時測定方式
 ローターのセットミスや大幅なインバランスによるローターの異常振動を確実に検知し、自動停止します。
〇ローターの寿命を完全自動管理
 ローターの使用実績を本体とローター相互で自動管理します。ローターに内蔵されたRLMメモリとRLMシステムにより、ローターごとの使用実績が自動的に記憶されるので、従来のようにローターログブック(運転日誌)に記録する必要がありません。
 ・運転開始時に、本体がローターの使用実績を読み取ります。
 ・運転終了時に、使用実績をローターに書き込みます。
 ・使用実績は、本体とローターにそれぞれ記憶されるのでローターを違う本体で使用しても自動的に管理されます。
 ※自動管理形ローター以外のローターの管理はログブックでおこないます
〇ローターの寿命を自動延長
 自動管理により使用実績の把握が可能となり、低速回転での使用時には使用回数と使用時間が自動的に延長され経済的です。
 ※使用回数と使用時間を0.1単位で自動管理することで低速での使用に応じて従来の最大10倍まで使用できます。
 (例)
 (1)ローターの最高回転速度の80%で使用した場合、使用可能な回数は2倍になります。
 (2)ローターの最高回転速度の50%で使用した場合、使用可能な時間は2倍になります。
〇他社ローターが使用可能(オプション)
 CP-NXシリーズはお手持ちの他社製ローターをご使用いただくことができます(オプション)
〇省エネモード(エコノミーモード)搭載
 設定した待ち時間(設定範囲1分~180分)タッチパネルに触れないと、液晶バックライト減光、冷却ファン停止、冷却機能停止等により、待機時消費電力を最大約50%低減※します。
 ※当社試験条件による。回転停止中かつ真空ポンプが動作していなときのみ有効

メーカー
エッペンドルフ・ハイマック・テクノロジーズ株式会社
カテゴリ
  • 理化学機器
  • 遠心分離機・ろ過機器
ローランおすすめポイント

当社代理店製品です。ご選定の際に、目的に応じた機器の選定やアプリケーション情報をご紹介させていただきます。

この商品に関するお問い合わせ

CONTACT