rolan 科学機器専門商社の株式会社ローラン

rolan

冷却遠心機 himac CR-Nシリーズ

冷却遠心機 himac CR-Nシリーズ

〇大容量化と省スペース化を両立(6LはCR22Nのみ)
 クラス最大処理容量6L※ + 省スペース
 CR22Nは、新ローターR9A2(クラス初※の専用1.5Lボトル×4本)による6L大容量処理が可能になるとともに、従来機CR-GⅢシリーズよりも横幅52mm縮小でコンパクトです。
 ※2013年6月現在当社調べによる高速冷却遠心機比
〇クラス初※インバータ冷凍機搭載で安定した温度制御
 CR-Nシリーズはインバータ冷凍機搭載により、従来機よりも安定した温度制御が可能となり省エネ効果も見込まれます。 また、従来の気になる冷凍機起動音もありません。
 ※2013年6月現在当社調べによる高速冷却遠心機比
〇標準ローターは全て最高回転速度において4℃保持できます
 ※受注生産ローターの中には、最高回転速度において4℃冷却できないものがあります。
〇himacのローターは全て載せるだけ (特許)
 ローターは全て回転軸へ載せるだけでセッティング完了。himac 超遠心機シリーズのDNAを引き継ぎ、高速回転時の自励振動を抑える制御を採用したロータークイックセッティング方式。わずらわしいネジ固定やボタン操作は不要です。さらに、ローターを自動で判別する機能を搭載。個々のローター特性に合わせた最適な運転を行います。旧型ローターも使用可能。(詳細はお問い合せください)
〇インバランスを正確にキャッチ
 高性能インバランスセンサーによる全回転域常時測定方式:リアルタイム・インバランス・モニターで、ローターのセットミスや各種ローターのインバランスによる異常振動を確実に検知し、自動停止します。
〇ローターカバー取り付けミス検出機能 (特許)
 ドアに取り付けられた超音波センサによりローターカバーの状態を検出します。ローターカバー無しで運転してしまった場合でも、ローター浮き上がりや離脱等の事故を未然に防ぎます。
〇運転履歴から運転条件を再利用可能 (特許)
 過去に運転した運転条件を運転履歴として100件まで自動記憶し、必要なときに再利用して運転できます。 himac だけの特別な機能です。(2013年6月現在当社調べによる)
〇カラー液晶タッチパネル
 黒を基調とした視認性の高いデザイン。直感操作の判りやすいアイコンメニュー。
〇USBインターフェイスの採用(GLP/GMP対応)(オプション)
 CR-NシリーズはUSBポートをオプションで搭載可能です。 市販のUSBメモリに運転履歴をCSV形式(表計算ソフトに使用できる汎用的なデータファイル形式)で出力できます。
〇LAN通信による運転実績管理(オプション)
 CR-Nシリーズは、既存のパソコン等とLAN(Local Area Network)接続し、運転実績の管理を行うことができます。 通信を行うには、遠心機の改造(オプション)とオプションソフトウェア「himac LogManager Network Edition」を別途購入することが必要です。
〇アクチュアルランタイマ(ART機能)
 整定時間を正確に制御し、より再現性の高い分離ができます。 有効にすると、タイマーのカウントが設定回転速度に到達してから始まります。 無効にすると、タイマーのカウントはスタート直後から始まり、加速時間を含みます。
〇新ローター追加機能 (特許)
 本体に登録されていないローターを購入いただいた際、このローターを使用できるように画面ボタンからローターに 関する情報を入力できます。最大10種類のローターが登録できます。ROM交換等の追加作業が無く便利です。
〇運転の予約ができます(RTC機能)
 RTC(Real Time Control)機能により、遠心機内部の時計機能と連動した予約運転ができます。遠心分離の開始時刻または終了時刻を設定すれば、ご希望の時刻に運転をスタートしたりストップしたりできます。
〇スリムカットローターとの併用で運転時間を短縮できます。
 モータパワーを最大限に発揮する当社独自のPWM(Pulse Width Modulation)制御を採用しています。仮に旧機種CR22FとR10Aローターの組合せでお使いになっていた場合、CR22NとスリムカットローターR10A3(R10Aを軽量化したローター。処理容量はR10Aと同じ)の組合せに変更すれば、運転時間を最大約30%短縮※(加減速時間を最大3分の1に短縮※)できます。
 ※全て当社従来機比。時間は条件により異なる場合があります。
〇アラーム情報表示機能
 トラブル発生時には、アラーム内容および対処方法を文章で表示します。
〇英語/日本語切り替え機能
 画面表示の英語/日本語が切り替えできます。
〇ズーム機能
 運転中にRun screenの回転速度と運転時間を拡大表示できます。
〇停止音
 5曲のメロディと電子音の6通りから選択できます。
〇CEマーキング適合の安全性
 万が一の事故に対しても国際規格の定める安全性を考慮して設計。多彩な機能を備え、使いやすさだけでなく安全性も重視しています。
 ※CEマーキング適合外となるローターがあります。詳細はお問合せ下さい
〇省電力ECO設定機能(オートスタンバイ機能)搭載
 設定した待ち時間、画面に触れないと、液晶バックライト減光、冷凍機OFF(運転時除く)を行い、待機時の消費電力を最大約83%低減※します。ボタンひとつで省エネができます。
 ※当社試験条件による
〇液晶バックライト減光モード搭載
 設定した待ち時間、画面に触れないと、液晶バックライトの明るさを最も暗い状態にします。バックライト単体での消費電力を最大89%低減※します。
 ※当社試験条件による
〇電源回生機能
 回生ブレーキ制御により、回転中のロータが持つ運動エネルギーを電力として取り出すことで、ロータを減速させます。取り 出した電力は、冷凍機などの遠心機内の他の部品で消費するか、電源系統に返還します。減速時にロータの運動エネルギーを熱として消費する方法と比較して、遠心機の排熱が小さくなり、室内の温度上昇を抑えます。
〇Pre-Cool機能 (特許)
 ローターが実装されていないとき、設定温度が15℃より低い場合はチャンバ内を15℃程度に温度制御して冷やし過ぎの無駄を防ぐ機能です。
 ローターが実装されているときは、設定温度に制御します。
〇ユーザ管理
 最大40人までユーザ(使用者)を記憶できます。各ユーザにユーザログイン時に必要な暗証番号(数字4桁)とAccess level(AdministratorまたはUser)を設定できます。
 ・ユーザーログイン
  暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。
 ・Access level
  Administrator:全ての操作ができます。
  User:ユーザロックアウト機能(次項参照)が有効時には、管理者(Admin)機能が使用できません。
〇ユーザロックアウト
 使用者(ユーザ)を制限する機能です。
 有効にすると、運転するためのユーザログイン(前項参照)が必要になります。あらかじめユーザ管理 (前項参照)において、アクセスレベルAdministratorでのユーザ登録が必要です。
〇ローター管理
 お手持ちのローターを本体に登録しておくことで、以下を管理できます。
 ・各ローターのS/N(製造番号)
 ・運転積算時間(Hours)
 ・運転回数(Runs)
〇操作ダイヤグラム

メーカー
エッペンドルフ・ハイマック・テクノロジーズ株式会社
カテゴリ
  • 理化学機器
  • 遠心分離機・ろ過機器
ローランおすすめポイント

当社代理店製品です。ご選定の際に、目的に応じた機器の選定やアプリケーション情報をご紹介させていただきます。

この商品に関するお問い合わせ

CONTACT